본문 바로가기 메뉴 바로가기

韓経:米関税爆弾なら…現代・起亜車、年間50万台輸出ふさがる

[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版] 2018年11月30日 09時49分

  「トランプ発自動車関税爆弾」が現実化する可能性が高まっている。トランプ米大統領が輸入自動車に25%の高率関税を適用すると公開的に言及したのだ。高関税が適用される場合、韓国自動車業界は崩れていくという懸念が多い。ルノーサムスン自動車と韓国GMの国内生産台数は半減するのいうのが業界の予想だ。年間50万台以上の現代・起亜自動車の米国輸出も事実上ふさがり、大きな打撃が避けられない。今でも厳しい部品会社は直ちに直撃弾を受けるという分析だ。

  ◆年間85万台の輸出ふさがる

  輸入自動車および部品に25%の関税を適用するというトランプ大統領の発言が現実になれば、韓国国内の自動車産業の生態系は根本から揺れるという見方が多い。米国が韓国自動車業界の最大の輸出市場であるからだ。米国に輸出する韓国産自動車は年間85万台(約1兆5600億円分)にのぼる。昨年韓国が輸出した自動車253万194台の約33%に相当する。

  高関税が適用される場合、ルノーサムスンが大きな打撃を受けるのというのが業界の予想だ。対米輸出依存度が最も高いからだ。ルノーサムスン釜山(プサン)工場は今年1-10月に18万2624台を生産し、11万9367台を海外に販売した。このうち米国への輸出は9万934台。同社の輸出全体の76.1%を占める。釜山工場の生産台数の半分に近い。ルノーサムスンが米国に輸出する車種は小型SUV「ローグ」。日産から2014年に生産委託され、来年8月まで生産する車だ。

  「撤収説」が絶えない韓国GMも直撃弾を避けられない見込みだ。米国への輸出比率が輸出全体の44.5%にのぼる。韓国GMは今年1-10月に富平(プピョン)・昌原(チャンウォン)工場などで37万1380台を生産し、30万7278台を海外に販売した。このうち米国への輸出が13万6671台だ。業界は韓国GMの米国輸出がふさがれば、群山(クンサン)工場に続いて別の工場も閉鎖されると懸念している。

  米ゼネラルモーターズ(GM)本社の大規模なリストラと重なり、危機感はさらに高まっている。トランプ大統領が雇用の減少を防ぐためGMに圧力を加えれば、GMが北米地域の代わりに韓国など海外工場をリストラ対象にする可能性が高いという見方が説得力を持つ。業界はGMが昌原工場の閉鎖、または富平第1・2工場の合併に動く可能性もあると予想している。

  ◆「自動車産業の空洞化を懸念」

  韓国自動車業界トップの現代・起亜車も打撃が避けられない。両社の今年の米国輸出(1-10月)はそれぞれ24万5199台、17万5491台で、輸出全体で米国が占める比率はそれぞれ30.4%、24.0%にのぼる。鄭義宣(チョン・ウィソン)現代車グループ総括首席副会長が何度も米国側の関係者と会談し、関税爆弾を防ぐために孤軍奮闘している理由だ。

  部品会社の経営難もさらに悪化する可能性が高い。自動車会社への納品が減り、工場の稼働率がさらに落ちれば、資金難も深刻になるしかない。自動車産業の根本的な役割をする部品会社が揺れれば、、釜山(ルノーサムスン)、蔚山(ウルサン、現代車)、光州(クァンジュ、起亜車)、仁川(インチョン)・昌原(チャンウォン、韓国GM)などの地域経済基盤に影響が及ぶ。

  キム・ピルス大林大自動車学科教授は「米国の高率関税が現実化すれば、自動車および部品会社はこれを避けるために国内生産を減らし、米国現地生産を増やすしかない」とし「国内自動車産業の空洞化現象が広がるかもしれない」と指摘した。

  数十万件の雇用が一斉に消える可能性も提起される。現代・起亜車など自動車企業と8800余りの協力会社が直接雇用している人員は35万5000人。販売および物流、サービスなど間接雇用人員まで加えると、国内自動車産業の雇用は175万人にのぼると推定される。産業研究院のイ・ハング研究委員は「韓国車への高率関税適用は両国間の経済協力システムに深刻な亀裂をもたらすという点を強調しながら米国政府を説得するしかない」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ