본문 바로가기 메뉴 바로가기

ドイツ、日本との比較に負担…中国主席のホロコースト追悼館訪問計画が白紙に(1)

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2014年03月05日 09時02分

写真拡大 メルケル独首相(左)と習近平中国主席
  中国の習近平国家主席が計画していたベルリン・ホロコースト追悼館訪問が、ドイツ政府の反対でなくなった。その代わりにフンボルト大学付近の「ノイエ・ヴァッヘ」戦没者記念館を参拝するが、メルケル独首相の同行なく習主席単独で訪問することになった。これに関しドイツ政府の消息筋は「中国と日本の過去の歴史紛争に介入するのが負担になるため」と説明したと、シュピーゲルが3日(現地時間)報じた。

  習主席のドイツ・フランス・オランダ・ベルギー欧州4カ国歴訪日程の核心はベルリンのホロコースト追悼施設訪問だった。ドイツの歴史反省現場を訪問することで、う回的に日本に「ドイツのように過去を反省するべきだ」というメッセージを与えようとしていた。

  過去の中国指導者はドイツ訪問期間、主に産業施設を視察した。ある外交消息筋はロイターに対し、「過去ドイツを訪問した中国最高指導者のうちに第2次世界大戦犠牲者関連施設を訪問した前例はないと把握している」とし「習主席が“日中歴史戦争”に飛び込もうとしている」と述べた。第2次世界大戦戦犯を合祀した靖国神社と対照的な場所を訪問し、日本とドイツの違いを浮き彫りにしようという狙いだった。

  実際、首脳の訪問、特に今回のような国賓訪問の場合、両国が事前調整、合意した内容だけが公開される。外国首脳が望むことはほとんど反映されるが、実現しない場合でもこうした事実が外部に伝えられたりはしない。

ドイツ、日本との比較に負担…中国主席のホロコースト追悼館訪問計画が白紙に(2)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ