본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

米国防総省「アフガン難民の避難に寄与…韓国に感謝」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

韓国外交部はその間、アフガニスタンで韓国政府の活動を支援してきた現地人職員、そして配偶者、未成年の子ども、両親など380人余りが26日国内に到着すると25日、伝えた。韓国に入国するアフガン人が身元確認を終えた後、韓国空軍輸送機の搭乗を待っている。[写真 外交部]

韓国政府が韓国のアフガニスタン再建事業に協力したアフガン人を受け入れることにするなど、アフガン難民の避難に関与したことに関連して米国政府が感謝の意を伝えた。

ハンク・テーラー米陸軍少将は25日(現地時間)、国防総省のブリーフィングで「韓国の空輸支援に関連し、われわれの(アフガン)難民の避難に寄与してくれたことに感謝している」と明らかにした。

アフガン現地人助力者や直系家族391人(76世帯)を乗せた飛行機は26日午前、仁川(インチョン)国際空港に到着する。作戦名は「ミラクル(miracle・奇跡)」だ。韓国国防部当局者は「命が担保されない中で死線を越えて新しい選択をした方々に希望を与えようという意味と、アフガンまで約2万キロメートルを往復して敵陣に入る作戦はわが軍も初めてのことであり成功的な実行を祈る意味」と説明した。

文在寅(ムン・ジェイン)大統領は25日「わが政府とともに働いたアフガニスタンの職員と家族を緻密な準備の末に無事に国内に移送することができるようになって幸いに思う」として「われわれを助けたアフガン人に道義的責任を全うするのは当然するべきこと」と述べたとパク・ギョンミ青瓦台(チョンワデ、大統領府)報道官が伝えた。

政府は国際社会の一員として彼らを難民でない特別功労者の資格で受け入れることにした。もちろん、韓国政府に協力したアフガン人でないその他の避難民の場合、韓国の領土に受け入れられず米国へ向かう中間寄着地として韓国が活用されることもない。

また、テイラー少将は「もう一度韓国が米国を助けたことに対して感謝を申し上げる」と繰り返し謝意を表わした。

また「北朝鮮がタリバンを支持しているが、韓国の避難民空輸に関連した対北朝鮮モニタリングをどのようにしているか」との質問に「インド・太平洋司令部は北朝鮮が行っているいかなることも警戒維持を確実にする任務の中で監視している」として「司令部の任務は変わりがない」と答えた。

これに先立って、北朝鮮外務省はアフガン事態に関連して20日、ホームページを通じて米国責任論を強調して非難したことがある。


関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    공유하기

    팝업닫기