본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

北朝鮮に射殺された韓国公務員の実兄「きょう、外信記者会見…国際機関の調査必要」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

海上で北朝鮮軍の銃撃に死亡した海洋水産部傘下西海(ソヘ)漁業地図管理団所属の公務員A氏の実兄、イ・レジン氏

海上で北朝鮮軍の銃撃に死亡した海洋水産部傘下西海(ソヘ)漁業地図管理団所属の公務員A氏の実兄、イ・レジン氏が今回の事件に対して国際機関の調査が必要だと主張した。イ氏は29日午後2時、ソウル中区(チュング)韓国言論会館のソウル外信記者クラブで外信記者たちを相手に記者会見を行う予定だ。

イ氏は自身のフェイスブックに「(ソウルに駐在している)外信に記者会見の意向を緊急伝達し、このように決定された」と書き込んだ。韓国内取材陣の出入りが統制される理由について「新型コロナウイルス感染症(新型肺炎)のために統制される」とした。彼は国際機関の調査の必要性も提起した。

イ氏は「大韓民国で弟の悲劇的な死を解決できなければ、IMO(国際海事機関)など国際調査委員会を通した調査も考えるほど深刻な状況」として「襲撃地点が大韓民国でない北朝鮮なので必ず国際調査機関を通した調査が必要だ」と強調した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기