본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

【社説】北朝鮮の顔色伺いをしながら言いなりになる文大統領には失望だ

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版
西海(ソへ、黄海)沖で北朝鮮軍に射殺されて死亡した韓国海洋水産部公務員に対し、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が昨日「本当に申し訳ないという思い」と述べた。続いて「いくら分断状況だとしても起きてはならないことだ」としながら「犠牲者がどのように北の海域に行くことになったかの経緯に関係なく、深い哀悼と慰めの言葉を伝える」と話した。事件発生から6日ぶりに出された大統領の遺憾表明だが、北朝鮮軍の蛮行に対する糾弾や政府のずさんな対応に対する反省や謝罪はなかった。今回の事件に対する大統領の認識と政府の見解が明らかになったことで、失望を越えて惨憺たる思いを禁じ得ない。

今回の事件の本質は北朝鮮軍によって行われた大韓民国国民の銃殺死亡事件だ。それでも文大統領は「どのように北の海域に行くことになったか…」としながら、まるで越北を試みたところ起きた失踪事件程度に糊塗する印象を与えている。さらに北朝鮮が送ったという電話通知文に対して「北の最高指導者として直ちに直接謝罪したというのは史上初めてで極めて異例」「格別の意味として受け止める」としてむしろ鼓舞された様子だ。「国民の生命と財産を守る」と宣誓した大統領の口から出た言葉なのか、驚きを禁じ得ない。

文大統領はまた「今回の悲劇的な事件が事件としてのみ終わらず、対話と協力の機会をつくり南北関係を進展させるきっかけとして反転させることを期待する」とし、南北軍事通信線の復旧を希望した。国民の怒りは見ないことにして、これを利用して北朝鮮との関係改善を試みようとするものだ。大統領の任務を忘れた非常識発言だ。北朝鮮側の主張に振り回されて言いなりになる様子だ。国民が優先なのか、北朝鮮が優先なのか、混乱するほどだ。

射殺事件が発生した22日以降、今まで文大統領は現場のどこにも姿を見せなかった。青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた2回の関係長官会議どちらにも文大統領は参加しなかった。事件発生113時間が過ぎた27日午後に初めて緊急安保関係長官会議を主管した。文大統領は「イさんが国から捨てられたも同然だ」という指摘を痛切な気持ちで受け入れなければならない。

国会の形態も非難されて当然だ。与野党は昨日、今回の事件に関連した対北朝鮮糾弾決議案を採択しようとしたが、与党「共に民主党」が「遺体を燃やした」という文面を問題視して会議そのものが失敗に終わった。国会外交統一委員会でも奇怪なことが起きた。民主党議員が突然「韓半島(朝鮮半島)終戦宣言要求決議案」と「北朝鮮個別観光要求決議案」等を上程したのだ。野党議員が反発し、会議が中断された状態だ。国民が北朝鮮軍の銃に撃たれて死亡したのに、観光を再開して終戦宣言を求めようというのがまともな精神状態なのか。国民の生命は眼中にもなく、これさえも政略的に利用しようとする政府与党の破廉恥は国民に対する背信行為だ。こうであっても国会が民意を代表する機関として存在する資格があるのか、問わざるを得ない。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기