본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「寄付金を被害者に使っていない」暴露の慰安婦被害者・李容洙さん、姿見えず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん

12日午前、大邱(テグ)達西区(タルソグ)のマンション。旧日本軍慰安婦被害者の李容洙(イ・ヨンス)さん(92)さんに会うために自宅を訪れたが、人の気配はなかった。電話をかけても李さんとは連絡が取れなかった。

エレベーターで会った80代の住民は「李容洙さんはこのアパートに住んでいる」としながらも「おばあさんに関するニュースが数日間出ているが、最近はアパートでおばあさんを見ていない」と話した。警備関係者も「おばあさんの状況はよく分からない」と語った。

李さんは数日前から連絡が取れなくなっている。7日に大邱南区で記者会見を開いた後からだ。当時、李さんの記者会見を支援した「行こう平和人権党」のチェ・ヨンサン代表は「おばあさんは大邱の自宅にいると聞いていたが、詳しいことはよく分からない」と伝えた。

李さんは記者会見で突然、水曜集会への不参加を宣言した。28年間にわたり水曜集会に参加してきたが、慰安婦被害者のための寄付金がどこに使われているのか分からないと述べながらだ。

李さんは「28年間、雨が降っても、雪が降っても、暑くても、寒くても、必ず水曜日にデモ(集会)に行った。(集会に行けば)小学生や中学生が親から受けた小遣いを集めて私たちに渡すが、そのたびに胸が痛んだ」と話した。そして「ところが、それをすべてどこに使ったのか。食事するのに使ったのか。そうではない。しばらくはそのように使ったが、主管団体が使った。これをおばあさんたちに使ったことはない」と主張した。

水曜集会の公式名称は「日本軍性的奴隷制問題解決のための定期水曜デモ」。1992年1月8日の水曜日、宮沢喜一首相の訪韓に抗議するため始まった。毎週水曜日、ソウル鍾路区(チョンノグ)の旧日本大使館の前で水曜集会が開かれる。

おばあさんの記者会見直後、水曜集会を主催する正義記憶連帯(旧韓国挺身隊問題対策協議会)側は「誤解を解く」として後援金の内訳などを公開した。李さんに提供してきた後援金の領収書の写真などを添付したりもした。

特に尹美香(ユン・ミヒャン)前正義記憶連帯理事長は「(李さんが)記者会見で述べたことは、むしろ私をはじめとする人々に問題を早期に解決しなければいけないという熱望として受け止めたい。実際、もう被害者が水曜集会に出てくる時期は過ぎたと私も考える」とし「おばあさんの言葉は、もう私はできないからあなたたちが解決してほしいという要求と解釈したい」と述べた。

尹前理事長は第21代総選挙で、共に市民党の比例代表として当選した。国会議員に出馬し、正義記憶連帯の理事長から退いた。尹前理事長は92年に李さんの慰安婦被害申告電話を受け、その後30年間、2人は慰安婦問題の解決に力を注いできた。

李さんは記者会見で「慰安婦問題は正義記憶連帯代表だった尹美香氏が来て解決しなければいけない。尹氏は国会議員をしてはいけない。この問題を解決しなければいけない」と述べたりもした。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기