본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

「『パラサイト』と『ゲーム・オブ・スローンズ』が出会った」韓国ゾンビブームを起こした『キングダム2』(2)

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

「ガッ」をはじめ、衣装も多くの話題を集めた。今回のシーズンではより多様な服装を披露する。[写真 ネットフリックス]

シーズン1を演出した映画『トンネル 闇に鎖された男』(2016)のキム・ソンフン監督に続いてシーズン2の第2~6話のメガホンを握ったパク・インジェ監督は「これに先立って作られた世界観とゾンビの特性を継承しながらもゾンビ物のファンとしてさらに残忍で、さらにゴアに最大値を見せようと努力した」とした。映画『モビーディック』(2011)、『ザ・メイヤー 特別市民』(2017)などを作ったパク監督は時代劇もゾンビ物も初めてだが、血まみれになった世子のイ・チャン(チュ・ジフン扮)の喪服を袞竜袍(国王が臣下と国政を論じ執務をとるとき着る常服)に連想させるなど印象的な演出力を発揮した。鯨の回虫をモチーフにした寸取虫の登場も目を引いた。

キム・ウニ作家は「同じ人が脚本を書いても映像への実現は監督の役割なので二方との対話を頻繁に行った」として「シーズン1のアクションが感情をもっと重視したとすれば、シーズン2はさらに躍動的で見どころが多かったと思う」と明らかにした。「アンヒョン大監(ホ・ジュノ扮)が死ぬシーン、ゾンビが王妃(キム・へジュン扮)を襲うシーンは書きながらも早く見たかった。玉座の権威が崩れたとき、感じられる喜びあるのではないか。最も象徴的な場面だったと思う」

早目にシーズン1は「飢え」、シーズン2は「血」に関する話だと予告したが「こんなにたくさんの人が死ぬとは思わなかった」という反応も多かった。キム作家は「原罪のあるキャラクターが多く、彼らに最もふさわしい死を悩んだ」とした。「貪欲の化身であるチョ・ハクチュ(リュ・スンニョン扮)が壮厳に死ぬのは望まなかった。最もみじめで、血を重視する人に似合う死でなければならないと考えた。トクソン(チン・ソンギュ扮)の叙事が残念だったが、彼には悲壮な死が最もふさわしいと考えた」。子供のイ・ヨムに(キム・ガンフン扮)に宮を任せ、イ・チャンは生死草の秘密を追い求めて北方に離れたシーズン2の結末に対しては「果たして王族の血だけが正解なのか」という質問を投げかけたかったと。

「シーズン10まで書きたい」と明らかにしたことがあるキム作家は「シーズン3は『恨』に関する話をしたい」と明らかにした。「どうしても朝鮮時代では下層民、その中でも女性が多くの搾取にあったため、女性の叙事が浮き彫りとなるしかないと思ったが、どうなるかは分からない」

イ・チャンとアシン(チョン・ジヒョン扮)のラブラインを期待するファンたちもいる。キム作家は「私はイ・チャンとソビ(ペ・ドゥナ扮)の間に過去7年間、どのようなことがあったのか想像はしてみたが、私の体に愛の分子はどこへ行ったのか分からない」として「親友」であるキム・ウンスク作家に助言を求めてみたいと伝えた。新型肺炎に結び付ける視線には一線を画した。キム作家は「『キングダム』は2011年から構想した作品で、慶尚道(キョンサンド)でゾンビが広まったという設定も韓国の地図を見た時、白頭山脈によって自然な壁が作られたためで偶然の一致」と説明した。劇中でソビの台詞にある「寒さが退いて春がやってくればこのすべての悪夢が終わるだろう」を引用して「本当にそうなったら良いだろう」という願いも添えた。
「『パラサイト』と『ゲーム・オブ・スローンズ』が出会った」韓国ゾンビブームを起こした『キングダム2』(1)

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기