본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

文大統領「日本、非常に無謀な決定…深い遺憾」

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

文在寅(ムン・ジェイン)大統領

日本政府が戦略物資輸出審査優遇対象国である白色国家名簿(ホワイトリスト)から韓国を除外したことに関連して、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が緊急国務会議を主宰した。文大統領の冒頭発言は異例の生中継で行われた。

文大統領は2日、青瓦台(チョンワデ、大統領府)で開かれた緊急国務会議に先立ち、「今日午前、日本政府は我が国を白色国家から排除する決定を下した」とし「問題解決のための外交的努力を拒否し、事態をより一層悪化させる非常に無謀な決定で、深い遺憾を表する」と対国民メッセージを伝えた。

文大統領は「問題解決のための外交的努力を拒否し、事態をより一層悪化させる非常に無謀な決定で、深い遺憾を表する」としながら「一定の期間を決めて、現在の状況をこれ以上悪化させないように交渉する時間を持つことを求める米国の提案にも応じなかった」と話した。

続いて「我が政府と国際社会の外交的解決努力を冷遇して状況を悪化させてきた責任が日本政府にあることが明確になった以上、今後起きる事態の責任も全面的に日本政府にあるという点をはっきりと警告する」と強調した。

あわせて「いかなる理由で弁明しようが、日本政府の今回の措置は我々大法院の強制徴用判決に対する明白な貿易報復」としながら「また『強制労働禁止』と『三権分立に基づく民主主義』という人類普遍的価値と国際法の大原則を違反する行為」と指摘した。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기