본문 바로가기
이전 페이지로 가기 공유하기 주요 서비스 메뉴 열기

『アベンジャーズ2』に登場するソウル…“現代的な先端都市”の雰囲気感じられず

ⓒ 中央日報/中央日報日本語版

映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』の監督と出演者

米国映画『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン(以下、アベンジャーズ2)』に登場するソウルはそれほど魅力的でも、印象深くもなかった。当初、マーベル・スタジオズが韓国を「現代的な先端都市」として描写すると了解覚書まで書いたことと比較すれば平凡な姿だった。

『アベンジャーズ2』の製作スタッフは昨年3月30日から4月14日までの合計16日間、韓国ロケを行った。ソウルは作品中盤に約15分ほど登場する。悪党ウルトロンが遺伝工学者ヘレン・チョ(スヒョン扮)の研究所にやってきたのに続いて、キャプテン・アメリカとブラック・ウィドウがウルトロンを都心で追撃する場面が繰り広げられる。

まず、ヘレン・チョの研究所に出てきた漢江(ハンガン)の上三光島は映画の中で最も洗練された未来的造形物として登場している。上岩洞(サンアムドン)DMCワールドカップ北路のビル郡や街頭も現代的な雰囲気で、一瞬、目を捉える。

だが、麻浦(マポ)大橋、江南大路(カンナムデロ)につながる車両追撃シーンはハングル看板を除けば他の都市と差別化できるほどの特色がないように映る。戦闘が激しいうえに、場面転換が速くて、ここがソウルだと気づくのも難しいほどだ。全体的に彩度が低く群衆も見られず、1000万人が生きる巨大都市の躍動性が感じられない。韓国女優スヒョン(29)はかなり重みのある役割で登場したものの、存在感を示すことができなかった。

また、細かいが残念な部分もあった。地下鉄2号線でのアクションシーンで、地下鉄内の椅子の配置が実際と違った。

韓国観光公社などはロケ撮影で4000億ウォン(約442億円)の広報効果を予測し、麻浦大橋を全面統制して撮影を支援した。しかし蓋を開けた今、その効果はクエスチョンマークだ。

関連記事

この記事を読んで…

포토뷰어

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    top 메뉴

    공유하기

    팝업닫기