본문 바로가기 메뉴 바로가기

ク・ハラ、日本のプロダクション尾木と専属契約…KARAの縁で

[ⓒ ISPLUS/中央日報日本語版] 2019年06月22日 13時53分

写真拡大 元KARAのク・ハラ
  歌手ク・ハラが日本で活動する。

  22日の日本メディアによると、今年1月に韓国の所属事務所コンテンツYと契約を終えたク・ハラはプロダクション尾木と専属契約を結んだ。プロダクション尾木はKARAが日本で活動した当時にサポートを受けていた。AKB48の元メンバーも多数所属している中堅芸能事務所だ。

  ク・ハラは3月に日本で開催された「TOKYO GIRLS MUSIC FES.2019」公演で、プロダクション尾木にマネジメントをオファーしたという。

  尾木社長は「契約の話し合いを進めている間にアクシデントがあったが、日本に着いてすぐ事務所を訪ねてくれて、瞳を潤ませながらもう一度日本で頑張りたいと話してくれた」と伝えた。

  ク・ハラは5月26日、ソウル江南区(カンナムグ)の自宅で自殺を図り、意識不明の状態で見つかった。健康を取り戻したク・ハラは「頑張って活動したい」という意欲をSNSなどで伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ