본문 바로가기 메뉴 바로가기

徐敬徳教授「グーグル、日本の軍艦島偽り広告を許可すべきでない」

[ⓒ 中央日報日本語版] 2019年06月21日 11時22分

写真拡大 第2次世界大戦当時の軍艦島の様子。(写真=中央フォト)
  日本極右団体の軍艦島関連映像がユーチューブの広告に掲載されたことを受け、徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授が21日、グーグルに抗議した。

  日本の極右団体「産業遺産国民会議」は最近、7分間の「軍艦島の真実 朝鮮徴用工の検証」と題した映像を韓国語、英語、日本語で制作し、日本のサイトが運営するユーチューブチャンネルに載せた。

  この映像は「いま世界に誤解が広がっている。多くの朝鮮人労働者が軍艦島に強制連行され、自由を奪われ、賃金も受けられず、日本人がしない労働に従事させられ、虐殺されたという主張だが、現実にはそのような事実はない」とし「軍艦島の朝鮮人強制徴用はねつ造」と主張している。

  この映像が最近ユーチューブの広告で送出されているのを韓国のネットユーザーが徐敬徳教授に知らせ、徐教授がグーグル広告局に抗議メールを送ったのだ。

  最近、軍艦島を訪問した徐教授は「日本政府は2015年に約束した、強制徴用の事実を知らせるインフォメーションセンター設置などの措置を4年が過ぎた今まで全く履行していない」とし「グーグルは軍艦島関連の偽りの映像広告を二度と許可しないでほしい」と要請した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ