본문 바로가기 메뉴 바로가기

韓米会談3日後に「3カ国連携」強調した米国務省、韓日仲裁へ

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年04月03日 07時27分

写真拡大 康京和外交部長官が30日(日本時間)、米ワシントンでポンペオ国務長官と会談前に握手している。(写真=外交部提供)
  先月29日にワシントンで行われた康京和(カン・ギョンファ)外交部長官とポンペオ国務長官の韓米外相会談に関し、米国務省が1日午後4時ごろ(現地時間)報道資料を出した。韓国の時間では2日午前3時ごろだった。報道資料は631字で、簡潔だった。この資料は米国務省のパラディーノ副報道官の名義で出された。

  この資料にはポンペオ長官と康長官が▼北朝鮮の最終的で完全かつ検証可能な非核化(FFVD)を達成するために共同で調整した(coordinated)努力をする案を議論し▼北朝鮮に韓米がそれぞれ関与しながら把握した点を互いに伝え(updated)▼韓米同盟が依然として強固である点を高く評価(praised)した--という内容があった。最近、韓米関係に異常信号があるという国内外の指摘を意識したかのように「強固な同盟」を強調した。康長官が先月29日、ポンペオ長官と会談した後、ワシントン特派員との懇談会で「韓米の連携はいつよりも強い」と強調したのと同じ脈絡だ。

  ただ、米国側の発表には康長官と外交部当局者が明らかにしなかった内容が2つ含まれていた。パラディーノ副報道官は資料の最後に「米国のインド太平洋戦略と韓国の新南方政策の協力と、米韓日3カ国の協力のために努力するという意向を(両長官が)表明した」と明記した。中国と貿易交渉中の米国が、中国牽制の意図が込められたインド太平洋戦略に対する韓国の役割を積極的に注文したということだ。これと共に悪化の一途をたどる韓日関係に対する懸念も間接的に伝えたという解釈が可能だ。

  一方、韓国外交部の当局者は先月29日、会談の結果をワシントン特派員に伝える際、「北が要求する制裁解除は非核化の核心的な相応措置になる可能性があるが、寧辺(ヨンビョン)の(核施設廃棄)一つではいけないというのが米国側の評価」とし「それ以上の包括的な議論を通じて接近すれば、制裁緩和問題も議論される可能性があると考える」と述べた。制裁緩和は不可能でないとのメッセージを間接的に伝えたのだ。ただ、米政府が実際に制裁緩和に対して柔軟な接近をするかは不透明だ。

  トランプ米大統領は先月、「北朝鮮の人々は現在かなり苦しんでいる」とし「追加の制裁は現時点で必要ない」とコメントした。しかしトランプ大統領も制裁緩和には言及しなかった。ポンペオ長官も1日(現地時間)、ラジオ番組のインタビューで「数カ月以内に3回目の米朝首脳会談が開催されることを希望する」としながらも「制裁が(交渉の)時刻表を早めるだろう」と制裁の効果を強調した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ