본문 바로가기 메뉴 바로가기

米軍艦・戦闘機に怒った中国、戦闘機で台湾を挑発

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年04月01日 15時19分

  中国空軍戦闘機2機が8年ぶりに台湾海峡の休戦ラインと見なされる中間線を越え、台湾が強く反発した。最近、米国が台湾海峡に軍艦を派遣し、台湾に最新戦闘機を大量に販売するなど、露骨に台湾を支援する動きを見せてきたため、これに対する挑発という解釈が出ている。

  1日の香港サウスチャイナモーニングポスト(SCMP)などによると、中国空軍の「殲11」戦闘機4機が中間線を越えて台湾の西南海域の上空に侵入したのは先月31日午前11時ごろ。台湾の戦闘機が緊急出撃して警告すると、2機は引き返したが、残りの2機は10分間ほど台湾上空で対峙したと、メディアは伝えた。状況が深刻になると、台湾空軍は追加で4機のF16を発進させて対応し、地上部隊などに緊急準備態勢を指示した。当時、殲11と台湾本島との距離は約185キロにすぎなかった。

  台湾外務省は事件が発生した31日午後、ツイッターでこの事実を知らせ、「両岸間の長い暗黙的合意を違反した」と反発した。「意図的で無謀な挑発的行動」と非難し「我々は域内パートナーにも中国の行動について知らせた」と明らかにした。台湾国防省も中国空軍の挑発行為だと糾弾した。

  台湾総統府の黄重諺報道官は「中国のこうした行動は国際的責任の欠如と地域の安全に対する故意的な挑発」とし「台湾の蔡英文総統は国家安全会議(NSC)の報告を受け、台湾軍に国の安全保障を確保できるよう各種戦闘態勢任務を支障なく準備するよう指示した」と述べた。

  SCMPは「中国の戦闘機と軍艦が台湾海峡で中間線を越えるのは極めて異例」とし、台湾メディアを引用して「中国戦闘機が中間線を最後に越えたのは2011年」と伝えた。

  こうした中国の武力示威は、最近の米国軍艦の台湾海峡通過と米国の対台湾武器販売など台湾と米国の密着と無関係でないという分析が出ている。先月24日に米艦艇2隻は「航行の自由」を強調しながら台湾海峡を通過した。これは中国と葛藤中の台湾に対する米国の支持を見せるという意味がある。中国は「一つの中国」原則に基づき、台湾海峡の通過を中国主権に対する侵害と見なす。

  SCMPは中国空軍戦闘機の中間線侵犯について「米国の駆逐艦と警備艦が台湾海峡を通過して中国を怒らせてから1週間後に発生した」とし「海峡は国際水路であるが、中国は米国や西欧国家の海軍艦艇が通過するたびにこれを非難してきた」と伝えた。

  特に米政府が最近、台湾の要請を受け入れてロッキードマーチン社のF16戦闘機60機を台湾に販売することを事実上承認した点も中国を刺激している。ブルームバーグ通信によると、1992年以降、米国政府は中国の反発などを懸念し、台湾の戦闘機・先端武器販売要請を拒否してきた。

  しかしSCMPは「この期間、中国は高度に発展した第5世代戦闘機を含む軍事力への支出を急増させた」とし「このため台湾は戦力を増強しなければいけない切迫した状況に直面している」と伝えた。米国も軍事的に崛起する中国を牽制するというレベルで台湾に軍事的支援をしたという解釈が出てくる。ブルームバーグは「中国に対抗して民主的に運営される台湾を支持しようという米国の意志を見せる信号」とし「中国に対して軍事的な打撃よりも政治的な衝撃を与える」と伝えた。

  こうした中、中国は台湾海峡の中間線について「一つの心理的ラインにすぎない」という立場を見せている。中国国営・人民日報の姉妹紙・環球時報を通じて1日、米軍艦が最近、台湾海峡を通過したことを指摘しながら、「我々の戦闘機が偶然、中間線を越えたのかは、今後の米国の動きにかかっている」と主張した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ