본문 바로가기 메뉴 바로가기

韓国首相「文大統領の北朝鮮ベンツ搭乗、制裁違反ではない」

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年03月20日 17時39分

  李洛淵(イ・ナギョン)首相と自由韓国党のユ・ギジュン議員が20日午後、国会本会議場で開かれた外交・統一・安保分野の対政府質問で文在寅(ムン・ジェイン)政府の対北制裁などをめぐり舌戦を繰り広げた。

  質問者として出席したユ議員は「非核化」の表現をめぐり「北朝鮮が言う非核化はわれわれが考えているものと違うのではないか」と質問すると、李首相は「そうではない」とし、「韓半島(朝鮮半島)の非核化という言葉は1992年ノ・テウ政府時代から使っている」と答えた。

  すると、ユ議員が「李首相が中間過程を省略している」と反論し、李首相も「説明を申し上げようとした」として退かなかった。

  対北朝鮮制裁をめぐっても対立した。

  ユ議員が「開城(ケソン)工業団地の南北連絡事務所維持のために(北に)渡した情製油は趙明均(チョ・ミョンギュン)統一部長官、康京和(カン・ギョンファ)外交部長官に尋ねたが、対北朝鮮制裁の違反に該当しないといった」とし、「国連報告書を見ると、制裁違反だと判断している」と指摘した。

  これを受け、李首相は「制裁違反だと判断したことはなく、ノート(すなわち)有意、注目」と書いたと答えると、ユ議員は「ごり押し解釈」と反論した。

  李首相は「ごり押しでなく事実」としながら「これを制裁違反だと(報じた)メディアがあるが、極めて遺憾」と明らかにした。

  昨年、平壌(ピョンヤン)首脳会談当時、文在寅大統領と金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が共に乗ったベンツリムジンが国連制裁違反報告書の違反事例に含まれたことについては「ベンツ搭乗自体は制裁違反でない」と強調した。

  ユ議員が「禁輸品として北朝鮮に輸入されてはならないということを知っていたが乗った」と言うと、李首相は「制裁違反なら国連が対応するだろう」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ