본문 바로가기 메뉴 바로가기

韓国野党代表「いま韓国は暗い夜…月が隠れてしまった」

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年03月17日 10時57分

写真拡大 自由韓国党の黄教安代表。
  自由韓国党の黄教安(ファン・ギョアン)代表は16日、北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官が前日の会見で「非核化交渉の中断を考慮」に言及したことと関連し、「文在寅(ムン・ジェイン)大統領はこうなるだろうとまったくわからなかったのか。文大統領はいまいったいどこの国にいるのか」と明らかにした。

  黄代表はこの日フェイスブックを通じ、「いま大韓民国は暗い夜だ。韓米同盟は行く道を失った」としてこのように主張した。

  彼は「北朝鮮の崔善姫が昨夜平壌(ピョンヤン)で公式声明を発表した。金正恩(キム・ジョンウン)が米朝非核化交渉中断を考慮し行動計画も近く発表するという。メディアは連日韓米同盟を心配し、国民の不安も日増しに大きくなっている。解決方法はただ強い圧力しかないという米国に、この政権は北朝鮮に与えることで対抗している。本当にあきれることだ」と批判した。

  黄代表はその上で「月が隠れてしまった。闇の中に雨が降る。私もともに雨に降られる。私たちが『光』になろう」と付け加えた。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ