본문 바로가기 메뉴 바로가기

ロシア当局者「正恩氏、近くロシア訪問準備」

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2019年03月08日 13時50分

  金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長がロシアを訪問し、ウラジーミル・プーチン大統領とのロ朝首脳会談を行う方案が推進されているとタス通信が7日(現地時間)に報じた。

  タス通信によると韓半島(朝鮮半島)問題を担当するロシアのある外交官が「ハノイの米朝首脳会談で一時中断していたロシア連邦と北朝鮮の首脳会談準備のための接触が再開されるだろう」と明らかにした。

  この外交官は「ロシアが国連安全保障理事会(安保理)を通じて韓半島問題の解決を支持するという合図を送ることになり、合図の内容は多様なものになる可能性がある」とし、「それは政治的合図である可能性もあり、対北朝鮮制裁体制の監督に関する一連の具体的提案である可能性もある」と説明した。

  また、「ハノイ首脳会談の経験を考慮し、金委員長が列車でロシアに来る方案も排除していない」とし、「列車は航空便に比べ、はるかに多くの準備作業が必要だ」と話した。

  ロシアは北朝鮮側に、近くロ朝首脳会談を持つことを提案し、具体的な日程を提示して現在返事を待っていると伝えた。金委員長はロシアを訪問したことがない。父親の金正日(キム・ジョンイル)総書記は2001年、2002年、2011年の3度ロシアを訪問した。

  ハノイ米朝首脳会談後、最近ロシア・北朝鮮間の接触が一層活性化している。

  北朝鮮の金英才(キム・ヨンジェ)対外経済相はモスクワを訪問し、6日にアレクサンドル・コズロフ極東開発省長官と「ロ朝通商経済・科学技術協力政府間委員会」第9回会議を行った。

  ハン・マンヒョク朝鮮労働党副部長も5日にモスクワを訪問し、金日成(キム・イルソン)主席の初めてのソ連公式訪問およびロ朝経済文化協定締結70周年を記念する写真展示会「親善の歴史」開幕式に参加した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ