본문 바로가기 메뉴 바로가기

亡命北朝鮮兵士「韓国軍、軍隊のようで軍隊ではない…それほど強くないのでは」

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2018年11月20日 07時32分

  昨年11月に板門店(パンムンジョム)共同警備区域(JSA)を通じて亡命した北朝鮮兵士の呉青成(オ・チョンソン)氏(25)が産経新聞とのインタビューで、韓国軍に対して「軍隊のようで軍隊ではない」と評価した。

  呉氏は東京で行われたインタビューで「韓国軍をどう思うか」という質問に「軍隊のようで軍隊ではない」とし「韓国にも自分と似たような苦しい訓練をした人がいるだろうが、全体ではそれほど強くないのでは」と語ったと同紙が17日、伝えた。

  同紙は「シャツの右袖をまくると、上腕に傷痕」とし「弾は腕の後部から入り、前部へ貫通した。大きく裂け、縫合された射出痕が痛々しい」と伝えた。呉氏は現在、腕の神経が除去されている状態で、つねっても感覚がないと明らかにした。

  呉氏は自分を撃った人物が軍隊時代の友人4人だと明らかにして「撃たなければ重い処罰を受ける。逆に自分がその立場でも、撃っていた」と明らかにした。手術に対しては「手術後、ようやく目を開けると、太極旗(韓国旗)が目に入ったのを覚えている」と語った。

  脱北兵士が韓国メディアを含めて取材に応じたのは今回が初めてで、異例のことだ。

  現在、呉氏は別の名前と生年月日を与えられた状態で、日本の公安当局は該当人物が呉氏であることを確認している。呉氏は現在、ソウル近郊に暮らしていてソウルで通勤している。脱北当時、腹部や腕などに銃を受けて負傷したが、今年2月に退院して通院治療を受けている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い 0
悲しい 0
すっきり 0
腹立つ 0
役に立つ 0

今日のイチオシ

ランキング

トップへ