본문 바로가기메뉴 바로가기

中国、先端軍艦20隻を「餃子作るように次々と」就役 

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2016年11月24日 15時02分

photo写真拡大今年7月に就役した052D型ミサイル駆逐艦「銀川艦」
  「餃子を作るように最新艦艇が戦闘隊列に次から次へと合流している」

  中国海軍政治部が発行する『当代海軍』が21日、公式モバイルメッセンジャーアプリ「微信(ウェイシン)を通じて、今年に入り軍艦20隻が新たに就役したと明らかにした。当代海軍は「1月だけで6隻の新しい艦艇が就役した。 次々と餃子を作って蒸し上げていくほどの速さ」と描写した。

  今年7月に就役した052D型ミサイル駆逐艦「銀川」は、中国が自主開発した10隻目のイージス艦だ。「昆明」「長沙」「合肥」に次ぐ4隻目の次世代ミサイル駆逐艦でもある。16日、米国議会傘下の米中経済安全保障調査委員会(USCC)が発表した2016年報告書は、米海軍情報部を引用して「052D型駆逐艦1隻に搭載された防空レーダーは遠洋作戦で起動艦隊全体を防御することができる」と評価した。「銀川」は射程距離537キロのYJ-18対艦ミサイル、射程距離150キロのHHQ-9艦対空ミサイルを搭載している。

  ミサイル護衛艦も大幅に増えた。2013年から054型フリゲートと056型コルベットの大量建造に着手し、今年に入り「荊州」「荊門」「銅仁」「湘潭」「曲靖」「淮安」など6隻が就役した。これら護衛艦は対艦・対空・対潜水攻撃能力と早期警報機能などをすべて強化した。

  2014年失踪したマレーシア航空MH370便の捜索作戦中、補給船が不足した中国は、その後、補給船建造に集中した。今年に入り、軍艦2隻が同時に就役したのみならず、弾薬と燃料補給が可能な「高郵湖」、満載排水量2万トン級の「洪湖」「駱馬湖」も就役させた。

  大型揚陸艦も4隻が加勢した。072A型戦車揚陸艦「武夷山」はタンク10台、揚陸作戦用空気浮揚艇4隻、海兵250人が乗船可能で、ヘリポートも備えた。USCCによると、大型揚陸艦は「南シナ海や東シナ海で危機状況が発生する場合、軍隊の投入能力を強化するための措置」とし、「台湾の民進党政権に対して武力使用の意志を見せる信号」と解釈した。

  香港紙「明報」は23日、「平和な時期にどの国もしないまれな現象」とし「中国メディアが毎年1隻の艦隊が新たに就役し、1隻の艦隊を建造していると報道するほど」と報じた。北京の軍事情報筋は「海軍戦力の量的尺度である艦艇数や排水量の合計からみれば、中国が日本を大きくリードしている」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い0
悲しい0
すっきり0
腹立つ0
役に立つ0

今日のイチオシ

    ランキング

    トップへ