본문 바로가기메뉴 바로가기

サッカー韓国代表ユニホームを「日本チーム」として販売したFIFA

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2018年05月31日 10時01分

photo写真拡大FIFAホームページで韓国代表のユニホームが「日本ユニホーム、応援服」と誤って紹介されている。(写真=徐敬徳教授チームのキャプチャー)
  国際サッカー連盟(FIFA)が軍国主義の象徴である旭日旗を登場させたのに続き、韓国代表チームのユニホームを「日本チーム」と紹介し、韓国で批判の声が出ている。

  「戦犯旗退治キャンペーン」をしてきた徐敬徳(ソ・ギョンドク)誠信女子大教授チームは31日、「あるネットユーザーの情報提供で韓国チームのユニホーム販売ページにFeatured Japan jerseys(日本代表ユニホーム)とFeatured Japan gear(日本代表応援服)と誤って紹介していることを確認した」と明らかにした。

  徐教授は「他の本大会出場国の紹介はすべて正しいが、唯一韓国代表チームだけが間違って紹介されていた。抗議のメールをFIFA側に2回も送ったが、まだ修正されていない」と説明した。

  これに先立ち徐教授チームは27日、ロシアワールドカップ(W杯)公式ユニホーム販売ウェブサイトに旭日旗の模様が入ったシャツが販売されているのを確認した。FIFAは以前にもロシアW杯公式主題歌のミュージックビデオとFIFA公式インスタグラムに旭日旗が登場することに韓国ネットユーザーから抗議を受け、該当場面を変更したことがある。2014年10月にも公式月刊誌の表紙に旭日旗を使用し、日章旗に入れ替えている。

  徐教授は「ネットユーザーと共に民間レベルでのさまざまな活動をし、戦犯旗の使用事例をかなりなくしたが、この程度なら大韓サッカー協会が公式にFIFAに抗議すべきだと考える」と述べた。徐教授は「FIFAは処罰規約64条に基づき、相手チームを侮辱したり政治的と認識されるスローガンを出す行為を禁止している。なら、協会は当然、戦犯旗に関連して強力な措置を取らなければいけない」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い0
悲しい0
すっきり0
腹立つ0
役に立つ0

今日のイチオシ

    ランキング

    トップへ