본문 바로가기메뉴 바로가기

「2025年から来たよう」、「アイフォン・キラー」…相次ぐギャラクシーS8への好評(2)

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2017年03月31日 13時50分

  IT専門家のパク・ヨンフPYH代表はS8の使いやすさを高く評価した。パク代表は「これまでギャラクシーがスペック競争で消費者を捉えようとしていたとすれば、今や消費者の暮らしに食い込み始めた」とし、「食事の約束や移動、ショッピングや清掃・洗濯のような日常生活がスマートフォン中心に回るようになると予測される」と評した。アップルのアイフォンに比べて相対的に低い評価を受けてきたデザインも今度は高い点数を受けた。英国日刊紙テレグラフは「スクリーンが携帯電話の全面をほとんど占めるベゼルレス(bezel-less)は新しいデザイン」とし、「ギャラクシーS8はサムスンが長く待ち望んだアイフォン・キラー(iPhone killer)」と伝えた。

  しかし、ビックスビーが完成度の面で改善しなければならない点が多いという指摘も出た。ビジネスインサイダーは音声命令で画面の明るさを調節したり登録する時に数秒かかり、スマートフォンから近くにあるサムスンTVからビデオを転送しろという要請を正しく遂行できなかったと体験記を記した。このメディアは「イメージ認識は比較的よく作動したが、実際現実でどれほど活用されるかは未知数」と書いた。

  ザ・バージも「サムスンは手を使わずに声だけで操作する製品を望むが、ビックスビーの機能はこれに至らない。時間を置いてアップデートされるのを待たなければならないだろう」と見通した。

  韓国内の移動通信会社は忙しくなり始めた。SKT、KT、LGユプラスなどは来月21日の正式発売を前に、7日から予約販売に入る。色はミッドナイトブラック、オーキッドグレイ・アークティックシルバー・コーラルブルー・メープルゴールドの五種類だ。出庫価格は未定だがS8は90万ウォン台序盤、S8プラスは100万ウォン前後になるものと見られる。メリッツ総合金融証券のキム・ソンウ研究員は「S8は今年上半期に2700万台が売れ、前作のギャラクシーS7の上半期販売量(2500万台)を越えるものと予測される」と話した。

「2025年から来たよう」、「アイフォン・キラー」…相次ぐギャラクシーS8への好評(1)
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い0
悲しい0
すっきり0
腹立つ0
役に立つ0

今日のイチオシ

    ランキング

    トップへ