본문 바로가기메뉴 바로가기

「北朝鮮の大陸間弾道ミサイル、米国・同盟を威嚇すれば撃墜」

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2017年01月10日 15時44分

  カーター米国防長官が8日(現地時間)、北朝鮮の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射警告に対し、「もしそれ(ICBM)が我々を威嚇したり、我々の同盟や友人(友好国)の一つでも威嚇すれば、我々は撃墜する」と述べた。

  カーター長官はこの日、NBC放送の報道番組「ミート・ザ・プレス」のインタビューで、「(米国)国防総省の任務は北朝鮮より一歩先を進んでいる」と述べ、このように言及した。カーター長官は「(北朝鮮のミサイル脅威に対抗し)我々は一歩先を進もうと努力していて、また、先を進んでいる」と強調した。

  カーター長官は「我々は自らを防御できるようミサイル防衛システムの数と形態をアップグレードしてきた」とし「韓国・日本・グアムのミサイル防衛システムも開発(改善)し(在韓)米軍2万8500人が駐留している」と述べた。続いて「彼らのスローガンは『ファイト・トゥナイト』(Fight Tonight、今夜すぐに戦闘が発生しても勝利できる態勢)。我々は韓半島、そして我々の友人と利益を守る準備ができている」と述べた。この日のカーター長官の発言は、「10年前にペリー元国防長官(1994-97)との共同寄稿で北朝鮮に対する先制打撃を擁護したが、その立場に変化はあるのか」という質問に対する返答で出てきた。これに先立ち北朝鮮の外務省報道官は8日、朝鮮中央通信の記者との問答で「ICBMは最高首脳部が決める任意の時と場所で発射される」と述べ、脅威の程度を高めた。

  ワシントンの韓半島(朝鮮半島)専門家らは、トランプ政権が発足する20日前後から3月の韓米連合キー・リゾルブ訓練期間に北朝鮮が挑発する可能性が高いとみている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い0
悲しい0
すっきり0
腹立つ0
役に立つ0

今日のイチオシ

    ランキング

    トップへ