본문 바로가기메뉴 바로가기

【社説】米副大統領の強硬メッセージ、北朝鮮は胸に刻むべき

[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版] 2017年04月18日 15時19分

  中国の面子を立てるために柔軟な立場表明をするかもしれないという観測とは違い、ペンス米副大統領の対北朝鮮メッセージは予想以上に断固たる内容だった。ペンス副大統領は昨日、黄教安(ファン・ギョアン)大統領権限代行との共同会見で「戦略的忍耐は終わった」とし「すべてのオプションがテーブルの上にある」と明らかにした。続いて「北朝鮮は米大統領の決意と米軍をテストしない方がよいだろう」と強調した。誰か見ても金正恩(キム・ジョンウン)政権が核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射試験というレッドラインを越えれば、軍事的対応もあり得るという暗示だ。

  今月初めに開かれた米中首脳会談で北朝鮮問題が深く議論された。ここで中国の習近平国家主席は柔軟な対応を注文したという。米国も習主席の体面を考慮した態度を見せるかもしれないという観測があった。しかし昨日のペンス副大統領が見せた対北朝鮮圧力はいつよりも強かった。ペンス副大統領は「トランプ大統領が明らかにしたように中国が北朝鮮に適切に対処できなければ米国と我々の同盟国がする」と述べた。中国に向かって「強硬対応をしなければ独自の行動も辞さない」と警告したのだ。

  この日発表された内容のうち韓国の最大関心事は高高度防衛ミサイル(THAAD)に関するものだった。随行員の大統領補佐官が「THAAD配備は韓国の次期政権が決める問題」と述べ、混乱が生じたからだ。これを意識したのかペンス副大統領は「防御的措置のTHAAD配備を同盟のために継続して推進する」と述べた。国際社会が対北朝鮮圧力に力を注ぐ状況で、米国がいつよりも韓米同盟が強固であることを再確認したのは韓国にとってプラスだ。

  空母3隻を動員しながら北朝鮮の核実験を防いできた米国が軍事行動を自制したからといって金正恩政権は安心するべきではない。今回は何もなかったが、北朝鮮が追加で挑発すればトランプ政権がいかなる行動に出るかは誰も分からない。中国に圧力を加え、北朝鮮体制の生命の綱である石油パイプを閉める可能性もある。これまでの「瀬戸際戦術(brinkmanship)」がトランプ政権にも通用すると考えれば誤算だ。すでに米国は具体的な行動が伴わない約束は決して受け入れない態勢だ。北朝鮮が生き残るためには非核化の道のほかに代案はない。

  韓国もペンス副大統領が韓米同盟を再確認したからといって安心していてはいけない。何よりも国益を最重視するのが冷酷な国際社会だ。米中が自国の経済的利益などのためにTHAAD配備をいくらでも交渉カードとして使用する可能性がある。

  今回問題になった大統領補佐官のTHAAD関連発言も計算されたものかもしれない。海外メディアを見ると、米中間の直接取引で韓国が後回しにされる兆候があちこちで目撃される。こうした不幸な状況が起こらないよう外交安保ラインは徹底的に対応する必要がある。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い0
悲しい0
すっきり0
腹立つ0
役に立つ0

今日のイチオシ

    ランキング

    トップへ