본문 바로가기메뉴 바로가기

韓経:反米デモ隊、道路にサイリウム投げつけ…トランプ大統領は逆走してホテルへ

[ⓒ韓国経済新聞/中央日報日本語版] 2017年11月08日 10時08分

  「ヤンキーゴーホーム! 戦争狂トランプは引っ込め!」

  7日夜、晩餐日程を終わらせたトランプ米大統領を乗せた儀典車両が青瓦台(チョンワデ、大統領府)から出発したとの知らせが伝えられると世宗(セジョン)文化会館前の反米デモ隊はサイリウムと紙コップを投げ始めた。デモ隊はサイリウムで警察の盾を殴り、「暴力警察は引っ込め」と張り裂けんばかりの大声を張り上げた。

  警察が網を動員して騒ぎを防ごうとしたが力不足だった。結局招請を受けて国賓訪問したトランプ大統領は警察の助けを受けて反対側の道路から「逆走行」してホテルに戻った。文在寅(ムン・ジェイン)大統領と韓国の安保を議論するために訪韓したトランプ大統領の目に写った窓の外の都心の風景は混沌そのものだった。

  ◇反米デモ絶頂…トランプ大統領「逆走」させる

  民主労総が主軸となった「NOトランプ共同行動」はこの日午前11時に青瓦台に近い清雲孝子洞(チョンウンヒョジャドン)住民センター前で記者会見を行い、「強盗的な通商圧力を加えるトランプ訪韓を強力に糾弾する」と明らかにした。彼らはトランプ大統領を国賓として招いた文在寅大統領に対しても露骨な非難をはばからなかった。共同行動は「文在寅政権がトランプを国賓として招請し国会の演壇まで明け渡す屈辱外交で一貫し、『朴槿恵(パク・クネ)積弊勢力』のスタイルをそのまま踏襲している」とした。

  この日共同行動をはじめとする反米デモ隊1000人余りは都心各地で警察と衝突を起こした。天主教正義具現司祭団共同代表出身のムン・ギュヒョン神父とカン・ヘユン円仏教教務ら宗教家と高高度防衛ミサイル(THAAD)反対団体などはこの日午前、世宗文化会館前から青瓦台方面に三歩一拝行進を始めたが政府ソウル庁舎前で警察に制止された。長期闘争労組団体の闘争事業場共闘委員会もこの日正午ごろ青瓦台サランチェ前で集会を行おうとしたが路地の入り口で警察に阻まれた。

  デモが暴力的に変質し警察はトランプ大統領の車両の経路を変える「外交的欠礼」を犯さなければならなかった。この日午後7時ごろ、光化門でろうそく集会を行った反米デモ隊はトランプ大統領が晩餐を終えた10時30分ごろからスローガンを叫びながら紙コップとサイリウムを道路に投げつけた。警察が不法行為の自制を要請したが力不足だった。トランプ大統領が乗った車と警護車両は当初世宗文化会館側の車線を利用する予定だったが、突発状況により反対車線を利用してホテルに戻った。

  ◇警察バスのバリケード再登場…警察暴行も

  賛成集会が行った「勢力対決」も都心の混乱拡大につながった。「朴槿恵前大統領無罪釈放本部」など保守団体会員300人余りは午後2時からソウル・プレスセンター前と光化門広場周辺で集会を開き、「トランプ大統領の北東アジア政策を支持する」としてトランプ大統領を歓迎し文在寅政権を批判する声を上げた。

  首都ソウルの真ん中の広場は警察と賛否デモ隊が入り交じりまひしたも同然だった。光化門広場の4方向は警察のバス25台で作ったバリケードと「人間の帯」で遮られた。警察は甲号非常令を出し、195個中隊1万5600人の警察力と7000人の警護要員を投じた。しばらく姿を見せていなかった盾と証拠用ビデオカメラも再び登場した。文在寅政権発足後、警察は集会・デモ現場に車の壁をほとんど配備していなかったが、この日は例外だった。

  警察は死力を尽くしたが各所で一触即発の状況が演出された。トランプ糾弾プラカードを掲げたデモ参加者が警察のバスの上に上がろうとしたが警察に制止されたりもした。この日午後3時ごろ、トランプ大統領を乗せた儀典車両の隊列が光化門交差点に入ってくると一部デモ隊がセウォル号テントの上に上がり「NO TRUMP」と書かれたプラカードを掲げた。午後7時30分ごろには50代の男が道路に進入して警察を暴行し立件されたりもした。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い0
悲しい0
すっきり0
腹立つ0
役に立つ0

今日のイチオシ

    ランキング

    トップへ